公園の暮らし エノアールカフェ


by bluetent

代替地へ

管理事務所から、11月から着工する工事のため、今後、代替地へ移動してもらうと言われました。代替地は、エノアールから西門の方へ下った辺り。記念碑、公園の外周、門から見えないところに集めるそうです。数週間前までは、工事区域だから出て行けと言っていたが、テントを移動すれば良いことになった。
公園内にある60件のテントや小屋のうち、40件のテントがその敷地に移動する予定。
05年の地域生活移行事業後、行政は公園に残っている住人に対して、ここから追い出そうと圧力をかけていました。例えば、住み易い小屋から小さなテントに立て変えさせたり、しつこく出ていくように言いに来たり。
しかし、行政の会議で、代替地を作ることが決まったようで、管理事務所の人が「とりあえず、来年3月まではその場所にいられることになったけど、その後は、俺らは知らない。」と言っていました。

そう言えば、年度事に新しく公園に配属される都の職員は、4.5月まで、テンション上がってる。例えば、去年度よくエノアールにやってきて、「ここは国の土地ダー!」と、ブチ切れていたチョビ髭を生やしていた都の職員、チョビ。今思うと懐かしい。チョビではない職員も「お前ら出ていけー!」と、あまりにも乱暴なので、都は、私たちを追い出すために暴力団を雇ってるのかしら・・?と、考えたこともありました。
しかし、夏を過ぎる頃から、少しテンション下がってくる。きっと、この時期は折り返し地点で、3月迄の方針が決まり、問題なく引き継げるようにハタラクのでしょう。
そして、昨日、彼らがイイ感じでハタラいているのを見た。今公園の住人の中で、たぶん一番の高齢者のfrさんへ、家族から新しいテントが送られてきたらしく、管理事務所の人達が、frさんの為に、新しいテントを建ててるではないですか?! frさんは、杖をついてチョコチョコとゆっくり歩きます。そんなfrさんのために、今まで200件くらいテントや小屋を壊してきた管理事務所の職員達と雇われ警備員たち(この人達も高齢だったけど)が、1つのテントを建てているではないですか! 今までとはうってかわって、心でハタラク管理事務所の職員たちを見て、少し不思議だけど嬉しく、そして、ここにいられることを実感して安心しました。

ところで、代替地に移動するとき、どんな人が近くに来るかが問題。私は、お隣に住みたくない人が何人かいる。近くにいると楽しいなと思う人もいる。Kaさんは今、近所にいる人から離れたいと思っている。
移動する前に、話し合いを住人達へ提案しようかと思ったけど、しっかり考えてみると、こういった話し合いや議論が上手くいくメンバーではないことに気がついた。ここの住人は、議論よりアクション派がほとんど。ん〜、移動した後も、しばらくは、何人かの引っ越しが続いて、調整されていくのかなぁ。
[PR]
by bluetent | 2006-09-22 21:16 | ブルーテント村