公園の暮らし エノアールカフェ


by bluetent

カテゴリ: SCREAM! SCREAM! SCREAM!( 3 )

公園でワークショップ

4月30日(日曜日)pm1:30〜
テント村の丘の上付近で「叫ぶ」ワークショップを開きます。

 セルフディフェンス- 暴力に至る前にその進行を揺るがす。
 アピール- 緊急事態は周囲に伝える。
 解放- 解き放たれ、次の行動に移りやすい。
それらが潜在する一瞬の叫び。
タスケテー!コラー!ウォー!と叫ぶこと、案外むずかしい。
いつでも体の真ん中から湧き出る力をブワッと表現できるように、丘の上で春うららそしてバシッと練習しようと思います
 ♪ >(゚O ゚)

その後はお茶会。
人々の中のひとりとして暮らす人や、守られているハズの子供達、是非ご参加下さい。
参加費無料、おやつの差し入れを持ってきて下さい。
雨天中止。


4月30日 sunday 晴れ
f0041167_2321913.jpg

最高の天気、2時ごろまで丘の上でゴローンとして、その後ワークショップが始まりました。参加者大人11人。

まず私が作った絵本を読みました。それは、この公園に十年以上も暮らしていた女性から叫ぶことを学んだ時のお話。

その後、kidsクラスでも行った「1.2.!!!!」を練習。
それぞれの声や自分の声を知りました。

それぞれ自分の叫んで良かった経験や叫べなかった経験を話しました。
なにかの力関係に巻き込まれた人がほとんど。子どもの頃の事でも、覚えているものですよね。
一名、「叫ぶ状況に出会わなかった。叫ばなければならないときは叫びます。」と言って、時間もなかったようで、帰っていかれました。(この方、叫ぶとほんとうにスゴそうな人です。)

1人ずつ自由に叫ぶ発表をしました。
バカー、ウォー、タスケテー、ヤメロー、コラー、チョットマテー、ヒトゴロシー、
イヤダー、ツラインダー、オカアサーン、オレニハユメガアルンダー
 色々出ました。大人にとって叫ぶ可能性は、色々ありました。
そして、体の動きを付けるというアイデアもでました。(それは、叫ぶと同時に行うには効果的だと思いました。しかし、その後その場から逃げる場合、決して暴力の対象に近づかないことが重要。)

そうして5時ごろ、全員は叫び終わりました。

 その場の力関係を断ち切るための「一瞬の叫び」。それは、大きな声で怒鳴ることとは区別したい。そして言葉や語ることとは違って、叫ぶことは声、身体表現などのアクションのひとつだと私は考えます。
今回このワークショップを行って、叫ぶことを肯定したときに、あんまり言っちゃいけないことを大きな声で言うとか、今まで言えなかったことを叫ぶとか、普段出さない大きな声で叫ぶとか、そういった意図的に解放する楽しさおもしろさなどもあったと思います。

「叫び」を効果的に使えるように、楽しむために、これからもワークショップを続けていこうと思います。
[PR]
by bluetent | 2006-04-28 00:38 | SCREAM! SCREAM! SCREAM!

叫ぶ練習

3月1日に某キッズアートスクールで、叫ぶ練習をした。

ひな祭り企画 「ひなパワー」 セルフディフェンス

 しずかにするもんか!
 おとなしくしないぞ!
 いうこときかない!

     私 「こういった時って何がおこっているときかしら?」
小5mちゃん 「えーっとね。親に買って欲しい物をねだる時。」
     私 「なるほど、それは効果的ね。」
小6aちゃん 「私は、友達と遊んで、テンション上がっている時。」
     私 「見覚えあります。」
小1nくん 「ボクはねー。こんな時!。ワーーーー!」
     私 「なぬぬぬ。おだまり!」
小1nくん 「いや〜ん。」
 ハハハハハ・・・・
     私 「こうしなければならない時って、突然やって来るかも知れない。」
小6aちゃん 「どういうこと?」
     私 「自分を守らなければならない時。つまり、知らない人に連れて行かれそうになったり、知らない人や身近な人でも、自分の体をイヤなカンジにあつかわられたり、例えば、暴力をふるわれるかもしれない時とかイヤなのに体に触られそうになったりとか。」
小6rちゃん 「きしょーい。」
小5mちゃん 「きもーい。」
     私 「イヤだと言っても、近づいてきたら、たとえ相手が静かにしてて、ニッコリしていても、静かに大人しく言うことをきく必要はまったくないよね。」
小5mちゃん 「そんなヘンタイ、私だったら、けってやる!コォーやって・・コォーして・・・!」
     私 「その気持ちわかる!こっちは、けして悪くないんだから。でも相手はmちゃんより力が強いかもしれないし、体も大きくて、つかまってしまうかもしれない。だから、近づいちゃダメなのよ。」
小5mちゃん 「ウゥ〜・・・。」
     私 「私もどうして良いのかわからなかったけど、叫べばいいんだと知ったの。あの時カミナリみたいに叫んでいたらなぁと思うことがあります。」
小5aちゃん 「エー!?そういうのあったことあるの?」
     私 「ある。叫ぶ練習しておけば良かったって思ったよ。」

 絵本「とにかくさけんでにげるんだ」読みきかせ
 (誘拐や性暴力などあったら、どうすればいいか、6つ話がある。リアルでバシッとした絵本。絵もいい。)
皆、ひとつのお話事に、友人や自分の体験したことや、テレビのニュースであった話がとびかう。(たくさん話が出たので驚いた。)

     私 「叫ぶ練習をしましょう。とりあえず、おかあーさーん!と叫んでみようか。」
小6aちゃん 「お願い。ほんと、ムリ。」
     私 「そうね、どうやって、叫べばいいかわからないよね。では、今から叫びについて研究しようと思います。」
小6aちゃん 「え〜?なに〜?」
     私 「叫んでいる声を聞いていましょう!」

 鑑賞「マザー」ジョンレノン
ピ。(再生)
カーン、カーン、カーン、・・・(鐘の音)
小6rちゃん 「なんか、突然きそうだよね。」(耳をふさいで肩をくすめる)
ジョンレノン 「・・マーザーーーー」
小6rちゃん 「へ?これだけ?」
小5eちゃん 「ホントだ、おかあさんっていってる。」(彼女はインターナショナルスクールに行っている

ピ。(リターン)
     私 「ジョンレノンがお母さんと叫んでいるのをお手本に。」
小6aちゃん 「まじー!?ジョンレノンがお母さんって叫ぶの?」
ジョンレノン 「・・マーザーーーー・」
     私 「さて、我々もやってみますか。」
エー!ワイワイ・・・ワイワイ・・・・

    私 「わかりました。では、もう少し他のも聞いてみましょう。」

 鑑賞「wnitenoise」「pig sweat」pussy galore
ピ。
pussy galore「!!!!!!!(ドン!バン!ドン!バン!)!!!!!!!(ドン!バン!ドン!バン!)・・・」(叫んでいる曲、平成生まれの彼ら彼女達には古典的なサウンド)

小5oちゃん 「あー、なにいってんだか、わかんね〜〜〜」
小1nくん 「なんだ?これ?」
小6rちゃん 小6aちゃん「プァッハッハッッハッッハッッッハ、っハッハッハ」

    私 「んーー。なるほど。こう、このやろーって言う感じはあるよねー。」
小6rちゃん 「えーーー!?」

    私 「では、次。」

 鑑賞 OOIOO
ピ。
OOIOO「!!!!!!!!!!!!!!!!!!(ton kan ton kakaka)!!!!!!!!!!!!!!!!!! Ou------!!!!!!!!!!(ton kan ton kakaka)・・・」( 女性ボーカルが太い声で叫んでる曲)

ッハッハッッハッッハッッッハ、ハッハッハ
    私 「こう、太い声は、強い感じがするねぇ。叫んでもヤーンだと相手がビックリしないもの。こういう、」
小6aちゃん 「わかった!わかった!もういい!ハハッハ・・もうわかったから。これ、止めてくれる?」(お腹を抱える)
小1nくん 「ボク、止めてくるーー!」
    私 「では、そろそろ、やってみましょうか。」

 叫ぶ練習(この時は「たすけてー!」を練習)
 -----私たちは、音楽に学び、リズムをきざんで叫ぶことにした。
私を含めて7人が円になって床に座っている。
     私 「1(ワン)、2(ツー)、たすけてー!。そうすると、緊張していても叫びやすい。かけっこでも、よーい、ドン!で走り出すした方が、力が入りやすいでしょ。」
小5oちゃん (真剣に、うなずく)
小6rちゃん 「え〜・・・」
小6aちゃん 「私、できないから、わるいけど。」
     私 「まあ。やってみましょう。まず、1(ワン)、2(ツー)、にあわせて、膝をたたきます。せーの。」
全員 (膝を、トントントン、とたたき、最初のトン、トンにあわせてワン、ツーという。)
     私 (そのままリズムをきざみながら)「そして、3(スリー)で、たすけてー!と叫びますよ。せーの。」
全員 「1(ワン)、2(ツー)、たすけて、1(ワン)、2(ツー)、たすけて・・・
     私 (小学生そのまま1(ワン)、2(ツー)、たすけて、と言いながら)「あらー、まったく、力が入っていませんねぇ〜。もう少し、スピード上げてみる?」
全員 「1(ワン),2(ツー),たすけてー、1(ワン),2(ツー),たすけてー、1(ワン),2(ツー),たすけてー・・・
(意地で声が大きくなる感じ)
     私 「ん〜、そんな感じでは、たすけて欲しい!というより、たすけてもらってやってもいいケド・・って言う感じね。」
(膝をたたいてリズムはきざみながら・・・(リズムはこの後も全員で絶え間なくつづき、最後まできざまれた))
小5mちゃん 「だってー・・・(照れながら、頬を膨らます)」
小6rちゃん 「え〜、わかんないよ。」
小6aちゃん (スカートを気にしながらあぐらをかいて座り直す。膝に肘を乗せて頬杖をつきながら不機嫌そうにも、トントンと反対側の膝をたたいてリズムはきざむ)
    私 「じゃ、1人ずつやってみる?」
全員 えーーー!!!!
    私 「オー!大きな声! まあ、私からやってみるよ。」
全員 1(ワン),2(ツー),・・・、1(ワン),2(ツー),・・・、
    私 (1(ワン),2(ツー),「たすけてー!!!!!!」、1(ワン),2(ツー),「だすけでーぇ!!!!!!」
全員 ガハハハハハハハハワハハハッハハ
小5oちゃん 「スゲェ!」
小6rちゃん 「なに!? デカ!」
小1mくん (転がり回って、ウケている)
    私 「ンー、なかなか、気持ちイイ。」1(ワン),2(ツー) 「たすけてーーー!!!」1(ワン),2(ツー),「タスケテー!!!!」・・・
全員 ワハハハハハハハハ・・・
小6aちゃん 「おかしくて、おなかイタイ!、もう!」
    私 「いやー、爽快、爽快。何だか、元気になってきた。大きな声を出すと元気になるねぇ。これなら、この後、ダッシュして逃げることもできそう! では、みんなもやってみよう。小mくんから、」
1(ワン),2(ツー),・・・、1(ワン),2(ツー),・・・・
小1mくん 1(ワン),2(ツー),「ワワワ!!!」
    私 「うん、大きな声ね。それで、たすけて、と言ってみよう。」
小1mくん 1(ワン),2(ツー),「たすけて!!」(あわてて、口を両手でふさぐ)
    私 「いいじゃない。どうして、口ふさいじゃうの?」
小1mくん 「大きな声を出すんじゃアリマセン!」(キヲツケをして体を伸ばし、低い声で言う)
    私 「たしかに・・・!そういうこと、いつも言われていることですな。でも、すましていられるカイ!というときもある。ひな祭りでさえね。とにかく、「たすけて」は大きな声で言う言葉だということにしよう。さあ、次は?」
1(ワン),2(ツー),・・・・、1(ワン),2(ツー),・・・・
小6rちゃん 1(ワン),2(ツー),「たすけてー」1(ワン),2(ツー),「たすけてー」
    私 「え〜?」
小6rちゃん 「そんな、突然できないもん。」
    私 「そう、突然できないから、練習するのよ。」
小6rちゃん 1(ワン),2(ツー),「たすけてー!」1(ワン),2(ツー),「たすけてーー!」1(ワン),2(ツー),「たすけてー!!!もう、いや!」
    私 「うん、うん。よくできました。では、次。」
小5mちゃん 1(ワン),2(ツー),「えっと、たすけて」1(ワン),2(ツー),「ウフフフフフ」1(ワン),2(ツー),「キャハハハハハハ」1(ワン),2(ツー),「オカシーイ!」
    私 「完全に、連れて行かれるわよ」
小5mちゃん 「だってー」1(ワン),2(ツー),「たすけて!」1(ワン),2(ツー),「たすけて!ェヘヘヘヘ」
    私 「まあ、本当に、そんなことがあったら、本当に助けて欲しい声を出してね。その前に、そんな事に出逢わないことを願っていますが。では、次。」
小5oちゃん (私の顔を見つめて無表情に)1(ワン),2(ツー),「たすけて」、1(ワン),2(ツー),「たすけて」、1(ワン),2(ツー),「うーできねぇー」1(ワン),2(ツー)・・・
    私 「助けるよ。助けますとも!さあ、顔を上げて!」
小5oちゃん 1(ワン),2(ツー),「たすけて!」1(ワン),2(ツー),「たすけて!」1(ワン),2(ツー),
    私 「OK! 助けて欲しい人にタスケテとまっすぐ見ていうのも、大切な事ね!では、次に参りましょう!」
小6aちゃん 1(ワン),2(ツー),「できないよ」、1(ワン),2(ツー),「もう・・・」1(ワン),2(ツー),「かんべん!」
    私 「テンション上がってる時みたいに。」
小6aちゃん 1(ワン),2(ツー),「たすけて」1(ワン),2(ツー),「お風呂のなかで、練習するからー!」1(ワン),2(ツー),・・・
    私、「宿題ですか。はい。では、次。」
小5eちゃん (ある一点を見つめながら)1(ワン),2(ツー),「・・・・」1(ワン),2(ツー),「できない」、1(ワン),2(ツー),「できない」1(ワン),2(ツー),「できない」1(ワン),2(ツー),・・・
    私 「リズムにはのっているみたいね。もう一度。」
小5eちゃん 1(ワン),2(ツー),「た・す・けて」1(ワン),2(ツー),「・・・・」1(ワン),2(ツー),「できない」
    私 「これだけは、ハッキリ言えるようになりたいね。いざというときは、がんばろう。では、みんな、よくがんばりました。」

フゥ〜。疲れたー。
    私 「あれー?元気になるために練習したのに。疲れちゃった?」
小6rちゃん 「疲れたっちゅうかー」
小6aちゃん 「むずかしい!」
    私 「そうね、けっこう、難しいかも。自分を守ることは、大変なことなのかもね。でも、とてもとても大切なことだね。」
小6aちゃん (両手を伸ばして)「練習はまた他でするー。」
    私 「はい。お疲れ様。では、ひなあられ食べましょう!」
ワーーーーイ!!!!!!!

みんなで、ワイワイひなあられを食べて、おしまい。
[PR]
by bluetent | 2006-03-12 04:41 | SCREAM! SCREAM! SCREAM!

SCREAM! SCREAM! SCREAM !

今日は、ひな祭り。公園のテント村には、梅が満開。

去年の3月3日はイヤな思い出がある。
午前中、村の女性達に誘われて、満開の梅の木の下で、ひな祭りのパーティーをした。
敷物を広げて、お菓子や甘酒を飲んで、楽しんだ。まだ、誰もアパートに移っていなかったので、8人くらい集まって、ワイワイ楽しかった。
 そのパーティーまでは、このブルーテント村らしい、穏やかなひとときだった。
 
 その後、私の一本の前歯が取れた。
 今はその時の救急処置によりかろうじてついているが、医師によると、いずれ取れてしまうらしい。とりあえず一年もちこたえているが、いつ取れるのだろうと、時々、憂鬱になる。「一本前歯が流行らないかなぁ。amamとかに「女の一本前歯」で特集くまれたり」とか、「歯が一本ない、というのも、イイジャン!そういうのって日本の美意識っぽい!」と、自分をなだめるのだが、きっと前歯がないと、不便だったりする。入れ歯は、使いにくいそうだし、インプラントはバカ高いし・・・。やはり、「まだ取れませんように・・」と願う。

 私の、前歯が一本取れたのは、叫べなかったから。これは二次的な、三次的?な結果だが、今はそう思って希望を持つことにしている。

 そのパーティーが終わった後に、村の女性の友人が、ある男に追われていた。テントが壊される!と、彼女が助けを求めにきた。行ってみると、大きな男が門松に使うような竹を持って、彼女を追っていた。
 彼女は泣き叫び、逃げて、その男は彼女を追った。後でわかったことは、この男は大酒を飲んでいた。
 そのとき、なんと私はその男の前を立ちふさいだ。私は、怒りで一杯になって、その男に近づいてしまったのだ。このゴッツイ男は、直径15センチほどの、先をスパッと斜めに切ってある竹を両手で持っていた。まさに鬼に金棒。私の方は、女性の中では大柄と言えども、この男の力で簡単にひねりつぶされることは一目瞭然。のはずなのに、ゴッツイ竹を持ったこのゴッツイ男が友人を追いかけていることに怒って、絶対通さないねぇ!とも言ってないが、そんな気持ちで、自ら近づいて、彼女を追うその行く手を立ちふさぎ、ただ、立って、にらんで・・・今にも活動しそうな腕力と武器に対して、なんとささやかな攻撃だったことか。
アッという間もなく、私はひっくり返って、口から血を吐く。
暴力は一瞬だ。

前歯が取れた。
 私が殴られて、その後、良いことはない。私は、しばらく弱り果て、暗い顔した毎日だったり、ある日明け方突然テントを飛び出し、今更逃げたりした。私は、こんなおかしな事をしてしまうのも、きっと、元気になるため身体がそう望んでいるのだろうと、考えることにしたが、自分のパニックにかなり疲れた。この暴力に対して裁判や法の意味が分からなくなったり、損害賠償金が取れなかったり、日常めったにないことだらけで、私の生活は狂いまくった。そして、身近な人に巨大な心配事を持たせることにもなった。
 私が日々、この村で私を守るものは有機的なネットワークだと信じていたが、この一瞬の暴力には無に等しかった。しかし、幸いなことに、村の人達は、私を心配してくれて、たくさんのやさしい気持ちに包まれることで、私は救われた。そして、この村にいることができた。

一瞬の暴力に勝てることは、それ以前に近づかず、そして、叫ぶこと。
 追われていたその彼女は、助けを呼んで近づかず、泣き叫び、逃げた。全く正しい。
 それに比べて私は、その男にぬーっと近づき、黙って、殴られた。退廃。
コラー!とか、タスケテー!とか、ダレカー!とか、なぜ言えぬ!
後悔先に立たず。生きた前歯は帰ってこない。

緊急事態に、その場を一転させるような大声を、
叫べれるようになりたーーーーい!!!!!!!!!

私のように金棒を持った鬼に向かっていくまぬけな事をする人はいなくてよい。
でも誰もが緊急時に、きちんと叫ぶことができたらいいと思う。

叫ぶ事が得意な人を講師に迎え「叫ぶワークショップ」をこれから企画する予定。
参加者募集中です。
[PR]
by bluetent | 2006-03-03 17:15 | SCREAM! SCREAM! SCREAM!